2005年05月

2005年05月31日

COYABAでなぎぴょんとKちゃん

21ab26c8.1
 ・・BURIKIに続いて、食事をしにカフェバーCOYABAへ。
 
 ここではKちゃんと、エキサイティングな女性、Nちゃんがお出迎え
 
 Nちゃんは、この前の例の狂乱の誕生日パーティーに参加した
ただ者ではない超ハイテンションな女性。
 今日も超睡眠不足だと言いながらも相変わらずのハイテンション
 いいんだよねぇ、この元気さが。
 
 Nちゃんとは実はフラメンコ仲間でもあります。
 (実は私はフラメンコを習っていたことがあります。もちろんダンスね。)
 今二人がやっているかというと、それはあえて答えません(笑)
 まあとにかく、元気で大変いい子です。
 
 そして6月にはNちゃんの誕生日が待っています。
 この日も朝まで・・いやいや、本人は昼過ぎまで飲もうと今から気合入ってます。。
 
 俺もかなぁ・・
 オヤジなのに体力持つかなぁ・・
 
 でもこのNちゃん、俺とどこかで感性が合うようで、「人生なんとかなるよ」といつも二人で言ってます。
 いいですね、この精神。
 
 コロナビールと、Kちゃん特製のタコライスで満足な夕食でした。
 
 とにかく、NちゃんもKちゃんも元気の固まりです


kowalski_snake at 00:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!mooの隠れ家 

うめちゃんとサシ

f37b5b26.dat
 今日は仕事もそこそこの時間に終わる。
 食欲もないし、ちょっと一杯ひっかけるにはやはりBURIKIだ(もぉ、こればっか・笑)
 入ったら今日はうめちゃん一人のうめちゃんday
 で、まあ2時間ちょっと居たかな。
 
 うめちゃんも面白い子なんだなあ。
 不器用だけど突っ走り気味な所がやはり愛すべき若者だ。
 今日も睡眠時間2時間だと言ってたけど元気モリモリで大変良いです。
 
 恋話なんかも二人で熱く語ってしまった。
 でもうめちゃんのいいところは、暗い話にならないところ。
 常に笑いが入るところが楽しいのだ
 
 恋話の次は、「いかに面白い嘘がつけるか」という話で盛り上がる。
 来年のエイプリルフールはどんな嘘をつこうかという話で大爆笑
 いやあ、これは想像しただけでも笑える話です。
 
 BURIKI界隈の皆さんは来年の4月1日は注意して下さいよ。
 
 そしてこの後はCOYABAに流れました・・


kowalski_snake at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!mooの隠れ家 

2005年05月29日

Aサインデイズ


Aサインデイズ

自分を沖縄のコザに一人旅させたきっかけとなった映画である。

ベトナム戦争真っ只中、まだ沖縄がアメリカ領土だった頃の、バンドに燃

える熱い若者達の話。

喜屋武マリーという実在したボーカリストを中心とした、バンドのメンバーの

物語である。

泥沼化したベトナムの戦場にいつ行かされるかわからないという不安で

いっぱいの、さらにアルコールでベロベロの米兵相手に演奏をやっている

場面はさすがに熱い。

Aサインバーでは喧嘩が絶えず、ステージにはビール瓶が投げられ、そ

でも米兵を挑発しながら歌い続けるオキナワンロッカーの格好良さは必

見だ。

酒、カネ、ロック、女、そして返還を前にした沖縄県民の心情などが絡み、

そんな時代だったんだなあと思わせる映画。

実際にあった米軍車両大量焼き討ち事件の「コザ暴動」のシーンなどもあ

って、これもリアルだ。

ストーリーとしては、よくある若者のバンド結成→解散に恋愛話が絡むとい

う単純なものなのだが、とにかくベトナム戦争真っ只中、沖縄返還前の、く

すぶった熱い何かが心に響く。

とにかく、若い時に突っ走れるだけ突っ走った人間の姿がとても疾走感が

あって良い。

もう10年以上前、この映画を見て、コザという街が見たくなり、一人で周っ

てみたのだが、すっかり綺麗になっていた。

ただやはり裏路地には当時の名残がある店などがあり、少しうれしくなっ

たという思い出がある。



何かおもしろいことないかい?

最近口ぐせになってます。
なんだかねぇ。。
本当に好きなことをガンガンやって来て、やりたいと思ったらすぐ飛びついて来た人生なんで、もうそろそろ思い浮かばなくなって来ちゃったんだよねぇ。
でも何かが物足りない。
で、色んな人に聞いてるわけです。
 
あ、でもブログやり始めてからはとりあえず毎日の日課になってるので、これはこれで面白いですね。
文章書くのは昔から好きだったし。
言いたいことがあっても発言する機会作るのも面倒だったし。
家に居て勝手に書きたいこと書いてるって楽だよなぁ。
 
でも圧倒的に肉体酷使の欲求が満たされてないなと思う。
最近ボクシングジムでそれが徐々に解消されてるけど、事務仕事やってるとじっとしてるからイライラしてくんだよな。
人間だって動物だから犬みたいに走りたくもなるわな。
 
で、この前アンドレカンドレの子と話してたのが「フルマラソンに出る」のが面白いんじゃないかということ。
うん、これは疲れそうで面白いかも。
矢吹丈じゃないけど、
 
「ほんの一瞬でも真っ赤に燃え上がる・・」
 
これが必要なんだろうね。
そして「後には真っ白な灰だけが残る・・」ってヤツ。
肉体を酷使した後の空虚な感じがこれなんだろうな。
 
フルマラソン、やるにはまずタバコやめないとな。
チェーンスモーカー気味じゃあ話にならんしな。
 
ところで最近やってみたいなと思う職業が出てきました。
 
1、医者
2、Vシネ俳優
3、童話作家
 
全くバラバラやん(苦笑)
 
でも思うのは自由だからねぇー。
1はちょっと無理そうだよな。
宝くじでも当たって、頭がまだボケてなけりゃ医学部進学も可能かもしれんが。
2は比較的チャンスありですな。チョイ役なら。すぐ殺される役(笑)
そして3。
これは昔っからやってみたかったんだけど、なかなか子供向けに夢のあるものを書くって難しいね。
だから目指すために自分もなるべく頭は子供でいようと(今もか・笑)してるんだけど。
 
まあこういうものは力んでやっても仕方ない。
好きなように生きてりゃ自然と行きたい方にチャンスが巡ってくるはずだからね。
これは怠けてるんじゃなくて、今までの経験上、そうなってると断言出来ます。
 
ということで、皆さん、
 
何かおもしろいことないかい?


2005年05月28日

疲れながらも燃えたよ・・

今日も休日だったので、ジムに行けました
昨日イライラしてついつい酒場に行ってしまったので体はだるかったけど、休日寝てるだけだともっとイライラしてだるいので無理してでも行きました。
本日のメニューは・・
 
 
ロープ              1R
シャドー            3R
サンドバッグ      2R
ミット                2R
サンドバッグ      2R
シャドー            2R
シングルボール  1R
ダブルボール    2R
 
 
てなところです。あとはみっちりストレッチで終了。
終わった後はただただ心地よい疲れが残るのみ。
これでいいのだ。後には何も残らない。
 
ただ今日はミット打ちでフックかアッパーの時、右手首を捻った。
なんかまだ痛い。
翌日痛くならなきゃいいんだけど・・
 
いずれにしてもやっと体が思い出して来たので、これからもガンガン行くことにしまーす。   


2005年05月26日

年に何回カゼをひくんだ俺は・・

 なんかまた咳がひどくて寒気がして喉が痛い
 毎月カゼひいてます。
 体弱すぎだな、俺は。
 でも酒で肝臓イカれた以外は特に悪いとこないんだよな。
 肝臓だって酒やめるとスーッと治っちまうし。
 本当にこういう奴に限って長生きしちゃうのかもな。
 
 ちなみにうちの家系、ひいばあさんがキセルでタバコガンガン吸ってたけど93歳で老衰死。
 じいさんもエコー吸ってたけど93歳まで生きた。最後はインフルエンザで死んだけど、これといって悪いとこなかったから老衰みたいなもんだ。
 ばあさんは96歳でまだ生きてる。
 頭はしっかりしてるし、トイレも自分で行ける。
 杖ついて歩いてるけど。
 オヤジの家系は縁切りだからよく知らんけど、やはりじいさんばあさん共に90過ぎまで生きた。
 親戚も90過ぎがゴロゴロ居る。
 
 どっちの家系に似ても生きてしまうようだ。
 オヤジはガンで死んだが、本当に例外中の例外。
 
 これから50年以上も生きんのかよ。
 長いぜ。
 
 でも今月中に地震が来るとかいう噂があるらしいね。
 人間いつどうなるかわかんねえな。
 とりあえず今までの爆走人生を続けるかね。


2005年05月25日

IKUDAI氏とBURIKI

4b42151d.jpg
 めずらしくIKUDAI氏がBURIKIに来れるというので久々の再会。
 で、先に行ってビールを飲んでいたところ、いきなり店が真っ暗になった
 ブレーカーが落ちたのかなと思いきや、どうやらショートしたらしく、しばらく停電状態。
 マスターからの指示で、アンドレカンドレで待っててくれということ。
 もちろんタダでいいはずだったのだが・・
 アンドレに入るとKちゃんと、リスみたいな小動物系で可愛いSちゃんの二人。
 ただ停電の間待ってるだけだと言ったのだが、押しの強い二人に負けて、結局ここで飲むはめに。
 でもこの二人は相変わらず元気なコンビで、疲れが吹っ飛ぶ。
 そうこうしているうちに停電が直ったとマスターが迎えに来て、BURIKIへ。
 すでにIKUDAI氏とその連れの女性も到着していた。
 いつものようにバカな話やら音楽の話やら映画の話やらで楽しい宴であった。
 自分は翌日会社だったので帰ったが、IKUDAI氏はマスターやうめちゃんとどこかクラブのイベントへ行くようで残っていた。
 みんなあれからどこへ行ったんだー
 また朝までコースかー


kowalski_snake at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!mooの隠れ家 

2005年05月23日

こんな人っていいよね!という話

 今までそれなりに生きてきて、やっぱり「こういう奴いいよなあ」ってタイプが自分にもやはりある。
 
 まずは、、そうだなあ、、やっぱり不器用な人はいいな。
 「不器用ですから・・」の健さんはもちろん大ファンなんですけど。
 なんかこの締め付けが厳しい社会で、それに馴染めず生きてる人はいい。
 会社に居ても、なんか一匹狼だったり、社則破って処分くらったりしてる人はいい。
 要は「自分なりの自由」を謳歌してる人が最高だ。
 これは悲壮感が漂ってても、飄々としててもどちらでもいい。
 とにかく、この世の中でいつもなんかズレちゃう人が好きだ。
 世の中なめてるような「へっ。」って感じの人も好きだ。
 天邪鬼というか、照れ屋というか、シャイというか。
 
 この基準は男女問わずなのだが、こういう人に会うと本当にうれしくなる。
 で、こういう人って話したり遊ぶと結構面白かったりやさしかったりするんだな。
 そこがまた意外で良かったりする。
 この手のタイプは説教もあまりしなくていい。
 「自分は自分。他人は他人」ということが本能でわかってるんだな。
 鬱陶しくないからいいよね。
 
 なんかわかんないけど、好きな人間のタイプの話でした。
 好きな女性のタイプもこれかな。
 まあ多少器用じゃないと家庭は守れないってのもあるんだけど。
 
 でも調子のいい奴だけは絶対に友達にならない。
 これだけは生まれつきだめだな。
 男も女も不器用さが自分にとっては一番の魅力です。


kowalski_snake at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!mooの好きな人達 

2005年05月21日

こう見えてもひょうきん者です−誕生日記念投稿2

 5月から始めたこのブログ、時々全部を眺めてると、なんか飲んだくれ破滅型暗い奴ってイメージが出来上がってるなと思ってしまう。
 
 まあある種のイメージに沿って作っていることは確かなのだが、なんか暗いよなぁ・・・
 プロフィールの写真も、今にも血吐いて死んじまいそうだもんなぁ(笑)
 
 でも実際の僕は結構ひょうきんだったりします。
 ていうか、クールで居たいんだけど、人が集まると思わず芸をやり出したりしてしまうバカな奴です。
 人を笑わせることに実際自信もあります
 
 でも関西風ではないですな。
 どちらかというと江戸前。
 粋というのでもないけど、ちょっとヒネた笑いです。上品ですけどね。
 そんなわけで、たまにはこういう姿もあるんですよと言いたかったわけです。
 
 でもブログは引き続きこの路線でいきますよ。
 そうじゃないとなんかバラバラなものになっちゃうから。
 自分の性格自体多面的だから放っておくとバラバラなサイトになっちゃうんで、とりあえずはこれで行きますわ


久しぶりだぜ、あのジムの雰囲気・・

 やっと、、、やっとジムに行けたよ!!
 ここのところ気合入れまくって仕事してたのも、昨日酒抜いて早く寝たのも、全ては今日のジムワークのためだったのだ。
 
 やはり良かった。
 4年位忘れていたものが一気に甦った。
 ロープ、シャドー、ミット打ち、サンドバッグと、一通りこなした。
 何せブランクが長かったものだから、トレーナーも付きっ切りでいてくれた。
 本当は基礎とかやりたくなかったんだけど、フォームも乱れてたらしく、だいぶ直された。
 
 それにしてもサンドバッグを叩くのは相変わらず最高だった。
 パンチ力も衰えてなかったと思う。
 この歳でもまだまだイケるぜ!と思いました。
 
 でも駅の階段駆け上がるだけでたまに息が上がる自分なので、まだまだこれからバシバシ練習いかないとな。
 よし!絶対に仕事早く終わらせて通うぞ!
 
 実に気持ちいいジムワークでした。