2006年06月

2006年06月28日

ちょっと更新が止まります

ちょっと多忙になって来たので、2、3日更新をお休みしますm(__)m

最近連続で更新してたからたまにはいいでしょう。

なんだかバタバタと忙しいわ、全く。

あ、メールはチェックしてますんで、何かあったらプロフィール欄のアドレスへお願いしますm(__)m



kowalski_snake at 16:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ご挨拶 

今日もDECORA

17058ca1.JPG

夜からDECORA行ってました。

今日は初めてお目にかかったTさんとカウンターで一緒でした。
さっぱりして楽しい方です。

年齢もそんなに遠くないので、ちゃんみさんと3人で昔のテレビゲームとかインベーダーゲームの話なんぞしてました(笑)
懐かしモノ系の話はやはり同世代に限りますな(。・-・)
ゲームウォッチとかポケットメイトとか(笑)

その他色々真面目な話してたりしたらソフトドリンクだけで4時間くらい居てしまいました(^_^;)
しかも貸切状態です(笑)

最後の方でAっくんさんも来ました。

ママもカゼで辛そうだけど来ました。
今の時期は体調崩してる人多いよなあ。お大事に。

まーくんも疲れてましたね。アミノ酸の元気サプリが効くといいですね。

あ、アンドレのNみもちょこっと来たんだ。
やっぱり疲れてたなあ。

日本人にもっとゆとりをくれ!ヽ(`Д´)ノ
小泉クン、なんとかしたまえ!ヽ(`Д´)ノ

と、オチがついたところでまた(。・-・)

makanai

 

 

 

 

 


上の画像は隣のTさんが注文した「まかないパスタ」(だったっけ?・笑)
Tさんがいつも頼む裏メニューらしいです(。・-・)


人気blogランキング



kowalski_snake at 01:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!mooの隠れ家 

TOCビル

5b851825.bmp

今日は用事があって、五反田のTOCビルに行って来た。

もうずっと近所なのに、行ったのはなんと28年ぶりくらいだと思う(笑)
いや、実のところ記憶が定かじゃない。
でも幼なじみと遊びに行ったのが多分最後だから、28年くらい経ってるんだろう。

久しぶりで、どうなってるんだろうと思ったけど、なんかあの当時の雰囲気とか匂いが残ってて、なんだかうれしかった。

テナントはもちろん結構変わってるんだけど、飲食店の中には、かなり年期の入った店があったので、たぶんあの頃から営業してるのだろう。

地下飲食街はなんだか知らないけど、やたら懐かしくてタイムマシンにでも乗った気分だった。

あの頃行った時は70年代後半だったなあ・・

どうも僕は70年代後半が好きみたいです(。・-・)


人気blogランキング



2006年06月27日

銭湯→マッサージ→さ久

57dcbc51.jpg

以前から肩こりとだるさが気になってたが、今日はもうピークに達したので、銭湯とマッサージ両方行ったぜヽ(`Д´)ノ

銭湯・・・

やっぱり最高だよな♪
銭湯銀座のこの辺に住んで、本当に、僕ぁ、幸せだなぁ(加山雄三風)

サウナも5回入っちゃったし、色んな風呂もしっかり入って来た。
これだけでもだいぶ楽。

で、次は荏原町のマッサージへGO!

ここは以前から「さ久」の皆さん御用達だって聞いてたんで、行って来た。
紹介だって言ったら半額になったよ♪

15分って言ったのに、たっぷり30分近くやってくれた(。・-・)

で、でも・・強くて効くぜ(>_<)

それがまたいいんだけどね(笑)
サービスで電気まで当ててもらって、感謝ですm(__)m
ここはしばらく通うかもな。感じもいい整骨院だし。

で、疲れも抜けた後に「さ久」へ。
とはいってもノンアルコールだぜヽ(`Д´)ノ
ここにはバービカンが常備されてるから、禁酒中でもいつも快適なのです(。・-・)

バービカンでも十分美味いぜヽ(`Д´)ノ
そしてしめ鯖と「う巻」(卵焼きの中にうなぎが入ってる)
サービスであら汁までご馳走になりました(。・-・)
いつもすんませんm(__)m
いやあ、いいお店だよ、ここも。

というわけで、毒が全て抜けた状態のmoo00です(。・-・)

でも帰って来てさっきまでレポート書いてたからまた疲れた(・ω・)
もう一つあるんだよなあ。
でも頑張るぞヽ(`Д´)ノ

あ、でも残念だったことが一つ。
都内銭湯が6月1日から一斉に禁煙になったのだ(・ω・)
風呂上りのタバコは、昔っから銭湯好きにはたまらないひと時だったんだけどね。
時代も変わったもんだ(-_-;)

さて、寝るかな(-_-)zzz


人気blogランキング



2006年06月26日

「ヨイトマケの唄」丸山明宏

da5b9873.jpg

この唄を知ったのは21世紀になってからだった。
美輪明宏さんがNHKのドキュメントで堂々と歌い上げたのを見て、ただただ感動した覚えがある。
なぜもっと早く知らなかったのだろうと後悔したな。

貧困な家庭に生まれた子供のサクセスストーリーといった感じの唄だが、こういう詩を真正面から堂々と書いた美輪さんは、当時からやはり凄い人だったんだね。
その前は女装してシャンソン唄ってたのにこれだもん、当時の世間もガーンと一発くらっただろうな。

「高校も出たし大学も出た 今じゃ機械の世の中で おまけに僕はエンジニア」

この辺の詩は最近でいうと「プロジェクトX」みたいなもんかな。
単純だけど、戦後の荒廃から立ち直ろうとするド根性みたいなのがいいよね。

「苦労苦労で死んでった 母ちゃん見てくれこの姿 母ちゃん見てくれこの姿 」

この辺になると涙が出るよな。

俺も母子家庭で育った人間だから、この感じ、なんとなくわかる。

日本ではある時から、母親に孝行する息子を揶揄する言葉として「マザコン」なんてものが出て来たが、これは意味が違うぞと思うな。

仁侠映画だと、健さんとか鶴田浩二はいつも、渡世の道に入ったことを心の中で「おふくろ」に詫びてたり、常にその「おふくろ」を気にかけてたもんな。
北野武だって、お母さんのさきさんが亡くなった時は、本当にもらい泣きするくらい号泣してたし。

まあ息子が母親に孝行するって、照れ臭いとこがあるんだけど、それはそれとして、孝行しないといけないよな。特に年取った母親にはな。

俺は立派なエンジニアでもなんでもねえし、マイペースで、この唄の青年のようにはなれないが、この唄の精神だけは見習いたいと思うね。

日本の誇れる偉大な唄だと思います。


人気blogランキング



2006年06月25日

「山田くん」が教えてくれる

「ホーホケキョ となりの山田くん」を何度も見てみた。

それなりの時間のある映画とはいえ、細かなエピソードが数分完結で集まってるだけなので、コマ切れで見れる。

いいんだよねえ・・・
この感じは何なのかな。

先の記事でも書いたけど、いい加減なんだよね。適当なんだよね。
で、欠点だらけだったりダサかったりする家族なんだけど、そんなの全部認めちゃって、それを直そうとか正そうって気もない。
瞬間的に腹立てたり喧嘩になったりするんだけど、それで終わって、全部許しちゃう。
そんなあったかい映画なんだよなあ。

感動させようなんて気はそんなにないはずの映画なのに、むしろ笑わせる映画のはずなのに、なぜか涙が出てしまう。そんな映画。

その昔の日本ってそういうのが確かにあった。
テレビが元気だった時代のホームドラマって、ほとんどがそんな感じだったもんね。

で、80年代辺りからそういうのがダサいとか、寅さんみたいな映画もダサいとか言って、否定する人が増えたし、実際僕もあの一時期、そういう嫌な奴の一人だったけど、それは間違いだったと改めて思った。

大事なことって、おそらくこの辺りにあって、それは意外と変わらない事実なのかもしれない。

頑張って、努力して、ヘトヘトになって走った先に幸せがあるというより、パンツ一丁で寝っ転がって、ボケーッとしてても手の届くところにそれがある。
みたいな事を感じる映画だったなあ。

スタジオジブリ作品は、角度は様々だけど「今の君のやってるそれって、果たして真実かな?」と問いかけて来る感じだね。

バブル崩壊辺りから迷走中で、未だにそれが続いている日本の中で、ジブリ作品は実にいいメッセージを発してると感じます。

山田くん一家の肩の力が完全に抜けた生き方、実は見習うべきことだと思うな。


人気blogランキング

ホーホケキョ となりの山田くん

 

 

 



「ホーホケキョ となりの山田くん」「ちゅらさん」−「適当」って大事だなあ

ホーホケキョ となりの山田くん

さっき久しぶりにDVDをレンタルして来て、これを見た。
スタジオジブリの作品は好きなんだけど、これも大好き。
ちなみに、自然と人類の共存とか、そういうテーマとは無縁です(笑)

ある一家の日常のエピソードを淡々と描くだけ。それだけ。
もちろんフィクションだから、あり得るようなあり得ないような話もあるんだけどね。

でも「適当でいい」というメッセージはただただ感心。
99年当時、これをあえてドーンと出して来たジブリはさすがだなと思います。

で、ラストも、別にこれといって何もないんだけど、僕はいつも号泣してしまうのです。

さえないサラリーマンのお父さんとか、三段腹のお母さんとか、嫌味なばあちゃんとか、これまたどこかぬけてる息子とか、元気はつらつの妹とか、デコボコな家族なんだけど、なんとかかんとかうまく暮らしてる。

それを象徴するようなシーンがラストに来るんだ。
別にそんなに大げさなラストじゃないんだけど(笑)

なんだかわかんないけど「人生ってこの程度なんだよな、必要なものって」って、妙に悟っちまうんだよね。

いい学校に行っていい大学に行っていい会社に入ってとか、ビッグになるとか、「勝ち組」とかいうのになるとか、まあ色々あるんだろうけど、「もういいんじゃねえの、そういうの」と、この映画見ると改めて思うんですな。

で、同じような作品が「ちゅらさん」だと思うのです。

続きを読む

2006年06月24日

またDECORA→BURIKI

bf844c62.JPG

昨日は、一周年ワンコインドリンクサービス中のDECORAに行きました。
結構混んでるやん(。・-・)

まだまだノンアルコール野郎のおいらはバナナシェイク(画像)と、ハンバーグサンド。
ハンバーグサンド美味いよ!ヽ(`Д´)ノ
この組み合わせといい、店の雰囲気といい、70年代後半の東京のシャレた喫茶店っぽくてなんか良かった(。・-・)

しかしあれだな。行ったのが遅かったからバータイムというか、お酒のお客さんがほとんどで、やはりテンション的には付いていけないね(^_^;)
「俺って飲まないと結構冷静な奴なんだな」とか、最近思うよ(笑)

昨日はチーボーとうめちゃんがいたね。
あとママも。
neneちゃんの赤ちゃん画像見せてもらったよ♪
顔立ちがすごい整ってるねえ。目のあたりが似てるかな。

結局バナナシェイクもう一杯と、コーヒー飲んで出た。

そしてなんとな〜くBURIKIへ。

酒飲まなくてもやってることは変わんねえじゃん(笑)

でも行ったら超常連のAっくんさんとYろうさんが居て、笑わせてもらいました(。・-・)
二人とも、地元の大先輩なので、昔話聞いても色々とわかるから面白いです。
Aっくんさんベロベロで話が色んなとこにワープしすぎ(笑)
だからこそ爆笑なんだけどね。楽しかったっす(。・-・)

他にはアンドレのNみと、Kなちゃん久しぶりやん!
昼も立派に仕事して、夜もじゃきついだろう、と思ったらやっぱりぐったりしてたね。
頑張れー!

あとはMぐちゃんとMとしも居た。
ほんと、この界隈に行くと色々な人に会うねえ。

でもBURIKIでもコーラオンリーだったからまたもやテンションいまいち(・ω・)
そうなることはわかってるのに行ってしまうおいら(^_^;)
まあ楽しかったからいいや♪


いやあ、それにしてもなんだか疲れてる。
今週は浜松行ったり、かなり難しいテーマのレポート提出があったり、相変わらず梅雨の天候の変化のため体がだるかったりで大変なのだ(・ω・)

しかも酒飲まなくなったからか知らないが、異常に眠い(・ω・)
眠りが深いのはいいことだけど、やたら眠いんじゃしょうがねえよな。

早めに銭湯かスパかマッサージ行かねえとな。

人気blogランキング


DECORA1周年、ドリンクワンコインサービスは明日まで!明日は仮装大会♪



kowalski_snake at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!mooの隠れ家 

2006年06月23日

浜松よいとこ・2

浜松は結構都会でびっくりした。

立派なホテルも何件かあるし、駅ビルもデパートもあるし。

それでいて東京みたいに人がゴチャゴチャいるかというとそうでもない。
ゆったりしてるんだな。

前にも書いたかもしれないけど、静岡は、沖縄で感じるゆったり感と同じものがある感じがするんだよね。

うーん、ほんとにいいとこだ。


でも今回は片道2時間強、往復4時間以上でしょ、で、滞在時間は3時間っす(笑)
しかも雨も結構降ってたし。

バタバタした旅になっちまったな。

今度行く時はもっとゆっくりしたいね。


んで、帰りの弁当はこれ。

unagi_1
浜松といえばやっぱりうなぎだなと、結局買ってしまいました(。・-・)

駅弁だから大したことねえだろうとタカをくくっていたんだけど・・・

これがまた美味ーい(。・-・)

ちゃんとうなぎもごはんもやわらかくて、駅弁とは思えなかったな。

ワイン仕込みのタレがどうたらとか書いてあったけど、まあそういうの関係なくうまかった(。・-・)

わさび漬けも付いてたけど、これがまた合うんだね。

中身はというと・・

続きを読む

浜松よいとこ

hamamatsueki

 

というわけで、昨日は浜松とんぼ帰りでヘトヘトでした。

とはいうものの、僕は大の静岡ファン。

雨だったけど、行けただけで十分でございました(。・-・)

 

 

ACTCITY下の写真は、東海でも1、2を争う高層ビル、アクトシティ浜松です。

今回はここに用事があって行って来ました。

下の垂れ幕に「浜松国際ピアノコンクール」ってあるでしょ。

これに出たんですよ。

実は僕、ピアニストでもあるんです。

続きを読む