mooの好きな本

2006年12月27日

「憲法九条を世界遺産に」太田光・中沢新一

憲法九条を世界遺産に

これ一ヶ月くらい前かなあ、読みました。
いいですよ、太田さんと中沢さんの対論は。
っていうか太田さんのことは実はあまりよく知らないんだけどね。

僕は中沢さんが昔っから好きなんですよ。
難しいんだけどね。
挫折した著作も数多い(笑)

「もっとやさしく書いていただけないですか?」って言われたら「難しいことを考えてるんだからやさしくは書けない」って言ったとか。
素晴らしい(笑)

でもしっかり読んだ幾つかはすごく面白かったなあ。

あと中沢さんの生き方のスタイルっていうのがすごくいいんだよね。

朝までやってるあの討論番組が人気出て来て、やたらとその手のものが増えて来たときも全く出なかったし。
「ああいうのだめなんだよね」みたいな感じで言ってたかな。

なんかその時「その気持ちわかるなあ」と思ったもんだったな、20代前半だったけど。

オウムの件で叩かれてた時もメディアに姿を現さなかったしね。
議論とか好きじゃないみたいだね。

今でもインターネットとかで色々言われてるのは知ってるようだけど「一切見ない。」と言い切ってるのが素晴らしい(笑)

「見てそれに反論したり、反論しようと思ったりすること自体がだめ。」って言ってた。
この悟りがチベット仏教なのか??
と思ってしまうくらい見事なんだよね。

見習いたいものです。

来年は中沢さんのようなスタイルを目標にするかな。
こう固く考える時点でだめなんだけどね(笑)

あ、本の中身に全く触れてなかったな(笑)
まあ中沢さんらしく憲法賛成反対とかじゃないですよ。
いいね、あの感じ。

20代に挫折した中沢さんの本、またチャレンジしてみよう。


人気blogランキング

 

芸術人類学



kowalski_snake at 23:36|Permalinkclip!

2006年11月28日

読書中

これまで3冊同時進行で軽やかに読書していたのだが、ここへ来てかなりへヴィーな本と出会ってしまい、そちらに集中しております(・ω・)

先に読んでた3冊は比較的前向き、癒し系だったんだけど、今はまってるのはノンフィクション・ピカレスク・ドキュメンタリーとでもいおうか、超ド級のへヴィーさ。
救いがない(-_-;)

細かい字で500ページ以上びっしりなんだけど、どんどん引き込まれるのだ(-_-;)

明るく楽しい本読んでるのも悪くないんだけど、性格なのか、ついつい破滅的な本に走ってしまうなあ(^_^;)

簡単に感想書くのも気が引けるので、読み終わったらここで書くかもしれません(。・-・)


人気blogランキング


ほんとは勉強しなきゃいけないんだよなあ(・ω・) 関係ない本読んでる場合じゃねえんだけどねえ(・ω・)



kowalski_snake at 23:55|PermalinkComments(0)clip!

2006年10月23日

「散歩の達人」11月号

e0f6b418.jpg

肩に力が入る話題が続いたので、ここらでだらーんとした話題を(。・-・)

今月の、雑誌「散歩の達人」は、有楽町・新橋・日比谷・汐留特集です。

僕が初めて就職して降りてたのが新橋駅。場所は汐留。
花屋の時利用してたのは有楽町駅と日比谷駅。

懐かしいなと思って今月号は買いました(。・-・)

最近もたまに新橋に行く時があるんだけど、ニュー新橋ビルを初めとしたあの辺りの雑居ビルん中ウロウロしてると楽しいんだよね。

喫茶店とかも昭和40年代から止まってるようなところがあるし、金券ショップが多かったり、すっぽんだかマムシだかのエキス売ってる店とか(確かあったよね?)カレーとやきそばのお店とか、なんだかとても落ち着くんだよねえ。

たぶん上野や御徒町に行った時と同じ感じ。
特に昔の上野の地下食堂街とか、御徒町の裏の入り組んだ、貴金属屋とか化粧品屋とかがある辺り。
あの辺の雰囲気に似てていいんだなあ(。・-・)

なぜ「いい」のか、言葉では説明出来ないんだけど、なんだろね?あの上野の良さとか新橋の良さは。

そばやとか銭湯に居る時並にリラックス出来るよ(。・-・)

あ、有楽町の交通会館も大好きだね。
ちなみにあそこでもたまに花の仕事してたんだよねえ。

電車から見えるクリスマスシーズンの窓の絵は、僕らがスプレー吹き付けてやってたんだよ(。・-・)
まだやってんのかなあ。。

と、あの界隈には色々と思い出がありますな。

今も変わらない場所もあって、とても好きなところです。


人気blogランキング



kowalski_snake at 22:23|PermalinkComments(0)clip!

2006年10月05日

「おとこ川 おんな川」北國新聞編集局編集

おとこ川おんな川

Amazonで買って今読んでいるけど、いいよ。

写真もたくさん出てるけど全部綺麗で優雅。
「利家とまつ」みたいな武家の話ではなく、市内に流れる二つの対照的な川から金沢を見ようというユニークな視点。
川を男と女に見立てているというのは確かに艶っぽい。

金沢行った時に書店に結構並んでて、買おうか買うまいか悩んでて結局買わずに来たんだけど、やっぱり気になって買っちゃった。
買ってよかったよ。

だからってわけじゃないけど、昨日いきなり旅館を予約してしまいました(笑)
正月なんだけど。
予定がどうなるかわかんないけど、とりあえず押さえておこうと思ってね。

正月行けなくても他の時期に行くのは確実なんだけどさ。


人気blogランキング



kowalski_snake at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月03日

「ターンレフト・ターンライト」と「君のいる場所」

a1faca37.jpg

先日、映画「ターンレフト・ターンライト」の話を書いたが、どうにもいい話なので気になり、You Tubeで検索してたら、原作絵本の「君のいる場所」に音楽を付けた画像が出て来たので、全部見た。

こりゃだめだ。大の男が恥ずかしいが、涙が止まらなかった。
どうしてあんなに素朴な絵が描けるのだろう。
映画でストーリーを知っていたから、中国語だかの漢字が読めなくても意味がよくわかった。

この二人の男女の、孤独だけど、平凡な毎日を必死に倒れずに生きてる様が表情に表れてる感じが僕はした。
「苦労してる」って表情じゃないんだけど、なんか寂しそうなんだよね。

実は僕はこの手の人間に弱い。
弱いっていうのは「苦手」っていうんじゃなくて、応援したくなるんだよね。

外見はそんなに苦労も見せないし、愚痴もあまり言わない。むしろ明るそうに見えたりするんだけど、あるツボを押すと涙腺が大決壊するくらいの寂しさを抱えて毎日を送ってるような、そんな人。

この映画と絵本を見ると、主人公の二人の男女がそういう表情をしょっちゅうするんだな。
これにまいっちまう。
金城武とジジ・リョンは本当にそういう部分を上手く演じていた。

そんな二人に訪れるささやかなプレゼントなんだな、ラストは。

Separate Ways 君のいる場所

続きを読む

kowalski_snake at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月26日

「散歩の達人」−今月は地元がチョロっと出てるよー(。・-・)

2476d421.jpg

もう10年くらい前からたまーに面白そうな時に買ってる雑誌なんだけど、今月は池上線界隈が出てて、戸越銀座とか荏原中延とか出てるよー(。・-・)

地元の人はちょろっと見てみてー(。・-・)



kowalski_snake at 01:54|PermalinkComments(0)clip!

2005年07月10日

夕焼けの詩 三丁目の夕日


夕焼けの詩―三丁目の夕日 (13)

この漫画は本当に良い。

何度涙したことか。

近所のとんかつ屋に置いてあって、それで初めて読んだのだが、その時も

あやうく泣きそうになった。

非常に月並みな言葉だが、「日本人がとっくに忘れてしまったもの」が詰ま

ってる。

貧しいながらもやさしさと温かさのあった時代。こういうのに弱い、自分は。

親子愛だったり男女の愛だったり、ご近所付き合いのふれあいだったり、

飼い主とペットのふれあいだったりと、実に温かい。

今日もコンビニで見つけて買ってきて読んでしまった。

季節柄、七夕を中心とした物語であるが、コピーに「あの時の願い事は、

かなったのでしょうか?」とあり、これがまた涙腺に触れる。

特に悲しい話でなくても泣いてしまう。

もう日本人が絶対に取り戻せないものへの悲しさなのかもしれない。

11月には映画化もされる。

吉岡秀隆と小雪が出る。キャストがいい。

三浦友和の特別出演というのも見逃せない。

さっき初めてこの映画のサイトを見たのだが、途端に目から涙が溢れた。

この映画、絶対に映画館で見たいが、泣き虫の自分はどこまで号泣してし

まうのかちょっと怖い。



kowalski_snake at 19:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年06月04日

いやいやえん


いやいやえん―童話

二日酔いの今朝は不快だったが、なぜか昔見た絵本のことを思い出

し、少しだけ楽になれた気がする。

この「いやいやえん」も滝平二郎の絵と共に、保育園の頃に接したも

のである。

保育園に行きたくないしげるが「いやいやえん」という別な保育園に入

れられる話がタイトルの元になっていると思う。

なにせもう何十年も読んでないから記憶があやふやだが、桃だとか

みかんだとか、色々な種類の果物の木がある山がいくつかあり、そこ

に出かける話もあったと思う。

一つだけ真っ黒で怖い山もあったな。

調べてたら、「くじらとり」なんて話もあって、ああ、あったなあと、懐か

しくなってしまった。

それにしても驚いたのは、この本が出版されたのが1962年だという

こと。

そんな昔だったんだ。

でも子供の頃、この本一番好きだったなあ。

わくわくどきどきがあって楽しかった。

童話ってやっぱり大人になっても心に残るもんなんだね。

今度買って読んでみるかな・・



kowalski_snake at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!